佐々木正元副社長が死去されました、謹んでお悔やみ申し上げます。

小型電卓の開発者で、現役中大変お世話になりました元シャープ副社長の佐々木正(ささき・ただし)氏が1月31日午前1時19分、肺炎のため死去(102歳)されました。

佐々木 正博士

お別れの会を行うが日取りなどは未定。
島根県出身。1938年京都帝国大(現京都大)卒後、川西機械製作所(現デンソーテン)を経て、64年に早川電機工業(現シャープ)入社。83年に副社長に就任されました。
産業機器事業草創期に電卓開発に着手、省電力のIC、表示装置として液晶を採用。シャープの中核事業の液晶技術の礎を築き。営業面でもライバルのカシオ計算機との「電卓戦争」を陣頭指揮して我々の世代を導いていただきました。
米社と共同開発した電卓用の大規模集積回路(LSI)が宇宙船「アポロ」に使われ、71年に米航空宇宙局(NASA)から「アポロ功績賞」を授与されました。また、アイデアが早く先に進むことから「ロケット・ササキ」との異名を取り、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長の若き時代に支援をするなど、後進の育成にも力を注がれました。

佐々木正元副社長に 合掌・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です